2009年05月20日

豐臣 秀吉、戦国一の出世頭

豐臣 秀吉(とよとみ の ひでよし / とよとみ ひでよし)/ 羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代(室町時代後期)から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。


尾張国愛知郡中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え、次第に頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り、信長の後継の地位を得る。


exclamation続きを読む
タグ:秀吉 太閤 刀狩
posted by せんどう at 15:53| Comment(2) | 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

織田 信長、武将・戦国大名・政治家

永禄3年(1560年)、兵力的に圧倒的優位にあった今川義元を桶狭間の戦いで破り世に名を轟かせた。永禄10年(1567年)には美濃国の斎藤氏を滅ぼし、その翌年には足利義昭を奉じて上洛を果たした。


三日月続きを読む
posted by せんどう at 11:28| Comment(1) | 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武田 信玄、甲斐の守護大名・戦国大名

本姓は源氏。家系は清和源氏の一家系河内源氏の傍系・
甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。


日本で初めて金貨である甲州金(碁石金)を鋳造した。甲斐には黒川金山や湯之奥金山など豊富な埋蔵量を誇り信玄期に稼動していた金山が存在し、南蛮渡来の掘削技術や精錬手法を積極的に取り入れ、莫大な量の金を産出し、治水事業や軍事費に充当した。


目続きを読む
posted by せんどう at 11:20| Comment(6) | 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。