2010年03月22日

窮地に攻め込まれた家康が取った行動とは・

三方ケ原の戦いで

信玄が、徳川家康を

攻めこんでいました。
いい気分(温泉)

・・

あと一歩攻め込まれたら

負けという場面に

家康が取った

行動とは・・これ以上攻め込まれたら

急死という場面に

家康が取った行動とは・・
猫

昔は、こういった場面で

篭城(城に立てこもる)と

いう事が多かったのですが


なんと家康は、城の全部の門を

開けたというのです。

・・

こうして門を開けられると

攻めていた信玄は、家康の事だこれは

なにか罠があるに違いないと

思わせることに成功し

急死に一生を得たという訳です。
posted by せんどう at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144321022
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。