2009年12月01日

ブランドねぎと時代背景

日本を代表するブランドねぎといえば

群馬県下仁田町で生産される「下仁田ネギ」

が知られている。


いい気分(温泉)江戸時代に

徳川幕府や諸大名に献上されたことから

別名

”殿様ネギ”とも呼ばれる高級食材だ。

「下仁田ネギは他のネギに比べ、ネギ特有のたんぱく質

(ミューシン)などが3倍多く含まれ、ビタミンB、Cも豊富。」

・・

また、「下仁田ネギ」は耐寒性や耐熱性、土壌適応性に優れるため

他の地域で育てることも可能。しかし、実際に群馬の前橋や長野県で

栽培した所、下仁田産の品質にははるかに及ばなかったそう。


posted by せんどう at 19:31| Comment(0) | 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。