2009年05月20日

豐臣 秀吉、戦国一の出世頭

豐臣 秀吉(とよとみ の ひでよし / とよとみ ひでよし)/ 羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代(室町時代後期)から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。


尾張国愛知郡中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え、次第に頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると、中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り、信長の後継の地位を得る。


exclamationその後、大坂城を築き関白・太政大臣に任ぜられた。豊臣姓を賜り、日本全国の大名を従え天下統一を成し遂げた。太閤検地や刀狩などの政策を採るが、慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して没した。


辞世の句は「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢 」。


信長の後を継いだとはいえ、後世に残る改革をしましたね。

また出世頭というのは間違いなく、ヨイショ上手だったと

思います。そのうまさは見習いたいですね。



辞世の句にははかなさが表現されています。
タグ:秀吉 太閤 刀狩
posted by せんどう at 15:53| Comment(2) | 戦国時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう既にアフィリエイトブログを作っている方・

または、これからアフィリエイトブログを
始めようとお考えの方は特に読んで頂きたいです。
Posted by アフィリエイトブログでまず最初に始めることSEO対策! at 2009年05月20日 16:12
=5年以内の企業献金禁止
Posted by 世襲制限、3親等以内 at 2010年07月29日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。